新薬リレンザでインフルエンザの集団感染を予防

インフルエンザの集団感染を防ぐためには、適切な処置をとることがどうしても必要です。医師により積極的に処方される薬として、タミフルはたいへん有名な治療薬と言えるでしょう。このタミフルに次ぐ新薬として、広く用いられているのがリレンザなのです。
特に、人口密度が高い都市においては、やはり心配されるのがインフルエンザの集団感染でしょう。人口密度が高いだけに、あっという間に広い範囲に感染してしまう可能性があり、症状も重くなってしまう可能性があります。インフルエンザは、一般の風邪と比較してかなり症状が重いという特徴があるため、是非とも早めの予防を行なって集団感染を防ぐよう心がけることができるでしょう。この点で新薬リレンザは、A型インフルエンザとB型インフルエンザの両方に対応できると言われています。
基本的に、冬の時期に集団感染しやすいのがインフルエンザですが、その原因として、乾燥によってウィルスが繁殖しやすい状態になること、また寒さも手伝って人の免疫力が低下してしまうといったことが挙げられています。そこで、リレンザなどのインフルエンザ治療薬を肺にまで送り込むことによって、ウィルスが増殖しないよう働きかけることができます。
もちろんインフルエンザの治療薬と言っても、いろいろな種類があるものです。たとえば、点滴や内服薬、そして吸入薬といったものです。新薬リレンザは吸入薬で、専用の器具を使用して吸入します。そのため、リレンザの正しい吸入の仕方を把握することから始めることが必要でしょう。器具の正しいセットの仕方に加えて、その器具を使っての吸入の仕方にも十分注意を払いましょう。説明書にしっかり目を通し、正しく使えるようにすることが必要です。

ページの先頭へ戻る