微熱とインフルエンザの関係とリレンザによる解熱

日本の冬は非常に寒さが厳しいことで有名です。地域によっては氷点下になるところもあり、人体に様々な影響を及ぼすのは言うまでもありません。気温が下がると体温も低下します。体温が一度低下するだけで人の体の免疫力や抵抗力は格段に低くなり、風邪を引きやすくなったり、様々な感染症に侵される様になります。微熱などが見られると風邪を引いている可能性が高いと診断することができます。微熱の場合は市販されている風邪薬で症状を緩和させることができます。また微熱が見られる場合は風邪が悪化しないように安静にし栄養をしっかりとって睡眠を十分とることも大事です。また冬には空気が乾燥するのでインフルエンザウイルスが活発に活動するようになります。インフルエンザに感染すると風邪の様な微熱を見ることはありません。インフルエンザの場合は一日から三日程度の潜伏期間を経て突如40度を超えるような高熱に見舞われます。こうしたインフルエンザによる高熱を解熱するには市販の風邪薬では不可能であると言えます。高熱が出るのはインフルエンザの体内での増殖に対する抗体反応であるので、リレンザなどインフルエンザの増殖を食い止める薬を用いなければいけません。リレンザを口から吸入すれば肺に薬を充満させることができ、ウイルスの増殖を食い止め次第に高熱が解熱するようになります。しかしリレンザで解熱したからと言ってインフルエンザが完治したわけではないので注意が必要です。リレンザの吸入は医師の処方を守り、解熱した後も5日程度服用しなければいけません。ウイルスの増殖が食い止められても体内にはまだウイルスが潜伏しているので、体外に完全にウイルスが排出されるまできちんとリレンザを服用しなければいけません。5日から一週間程度リレンザを服用すれば高熱だけでなく、下痢や嘔吐などの症状も緩和するようになります。

ページの先頭へ戻る